/> ◆【 健・康・思・点 】◆ 直感→思考→養生で 唯一無二の免疫力と氣を整える!
FC2ブログ


にほんブログ村

★ 健康情報 & 思点 ★ ケアサポート健康オブジェ 【A-TUBO】 ★


 ◆ 自己軸で整える心身バランス ◆
               ●健康思点              
【 健・康・思・点  /  企画  情報  発信 】


                                                                                     



     ●鳥の巣・小A       
  【 ご訪問ありがとうございます 】
 
2011・9・1    2018・8・20
      20080218144106s.jpg
      
     (創作デザイン室 / プロフィール) 
  健康オブジェ ・ 空間オブジェ・空彩アート
   兵庫県・猪名川町  ★ T EL & FAX ★ 072 - 769 - 0848


生と活 ●天使の祈り! 風モニュメント 風4連結   
                                       ▲            【猪名川町(栃原)風のモニュメント】 
                                                                      【祈り】      
                                                          ★1995・1・17 (05:56)
                                                                     ★2011・3・11 (14:46)      
                                                  
                   


青赤・長
 
   
【 唯一無二 🔄 自己養生7年目 】
 kennkou のコピー
   

予防医療我が身点検
知識直感体調管理  
免疫力活性健康連鎖 


闘病体験 から学んだ 自己主義ケア
 
 
自分の手で全身をさする、手当てマッサージ。
  リンパ、血流を改善して体内エネルギーの を活性化。
   見えない先に不安を募らせてストレスを溜めるよりも、

    先ずは、唯一無二の我が身を把握しておく。
  そして異変?を感じたら、速やかに病院で診察を受ける!

    ★

  健康な時には、セルフケアの重要性をあまり感じないものです

  (  入院するまでの私がそうでした。)
         (  治療に頼る
前の予防が、いかに大切かを痛感しました。)


  青赤・長
                  

      INDEX -------------------------
    
( クリックすると記事へ飛びます)
                    👇

         ◆ ㉟ スマホ健康リスク?!
        
◆ ㉞ ポッコリ お腹の仰向けストレッチ!
        
◆ ㉝ 逆・腹式呼吸で体内を活性化!
        
◆ ㉜ 健康とは…!?
        
◆ ㉛ 免疫力って ?!

        
◆ ㉚ 活力の元「氣」を解放!
        
◆ ㉙ 99%は毛細血管!
        
◆ ㉘ 我が身の精緻な恒常性!
        
◆ ㉗ ストレス解消の源はココだった!

        
◆ ㉖ 心身のバランス!

        
◆ ㉕ テレビの「???番組」!
        
◆ ㉔ ヘルスリテラシーを高める! 
        
◆ ㉓ リンパ マッサージ
        
◆ ㉒ リンパ液の役目は…!?
        
情報に飛びつく前に…!

        
◆ ⑳ ある日、突然に・・・
        
◆ ⑲ わたしの健康連鎖
        
◆ ⑱ ワンポイント健康情報♪
        
◆ ⑰ 情報に引っ張られていませんか?
        
◆ ⑯ 健康バランスのイメージです!

        
◆ ⑮ 我が身の≪健康連鎖≫を呼び覚ます!
        
◆ ⑭ 血流の仕組みを理解して納得のケア!
        
◆ ⑬ ≪未病状態≫は、自らの手で改善!
        
◆ ⑫ 病は外から突然やって来て体内で発症!
        
◆ ⑪ あなたの生活習慣のパターンは…!?

        
◆ ⑩ 予防医学≪ 内側をメンテナンス!≫
        
◆ ⑨ 血管若返り!≪ 寝たまま!かんたん!ストレッチ!≫
        
◆ ⑧「血管・血質・血流」は、健康の要!
        
◆ ⑦「自己治癒力」と「自然治癒力」
        
◆ ⑥ 健康だからこそ、ツボ押しでメンテナンス!

        
◆ ⑤ A-TIBO・スイングの使い方!
        
◆ ④ 内包の健康素材 エルプトロンとは?
        
◆ ③ ポケット・ツボ押しの開発秘話!
        
◆ ② WHOも認定 361のツボ統一基準!
         ◆ ① 健康オブジェ / A-TUBO
                ★ 現ストック数& ★ お申し込み!  
                            ★ ハンドメイドで製作しています!



青赤・長
-
 
    医食同源
 
 予防は治療に勝る
  【 薬より養生 】 
 
                           

     35年間の無病状態から一転!(私の闘病体験)

     あの 3・11 の惨状をTVで見ながら一ヶ月余り入院生活
     退院一ヶ月後に運悪く、続けて急性肺炎を併発。
         
     再度の入院要請を投薬治療
に切り替え、
     近くの病院一日2回の抗生物質の点滴を20日間!

     食欲減退による
著しい体力の低下と体重の激減、
     一日3回 一年間の薬漬け…と、2011年は苦闘の病体験でした。

     あくびをしても、
十分に空気が入ってこない!
     深呼吸が出来ない! 話していても息が切れて普通に話せない!

     特に坂道では肺にかかる負荷が大きく、
     息切れして頻繁に休まないと普通に登れない!
     こんなにも苦しいものとは思ってもいませんでした。


     肺線維症とは、肺の組織が線維化して固まり機能しなくなり、
     呼吸がしづらく息切れが起こりやすくなる症状です。   
  
          一度、線維化した組織は、他の臓器のように再生はしないので、
        残った肺での呼吸が日常になっています。

     現在は普通の日常生活に支障はない程度に回復はしましたが、
     坂道を上る、激しい運動など肺に負荷の掛かる動きは、
     以前の健康体のようには勿論できません。

     したがって、これ以上は進行しないように、
     下記の呼吸筋ケアを続けています。

       
         
WHOの調査によるとCOPDは、近年、世界で急増中で
        90%以上は、長期間の喫煙者と高齢者が予備軍とのこと!

        私の場合、喫煙はしていませんでしたが、
        はっきりとした原因は分からずじまいでした。

        生まれ持った自分の身体を信じて、外対策に頼らず、
        自分にしか出来ない養生策として、
        全身のセルフマッサージを7年間続けています。

        やっていることは…

        普通の食生活と軽い運動、セルフマッサージ、これだけです!


   ----------------------------------------------------

       日常、無意識に行っている呼吸!】

       生きるのに最も重要で不可欠な機能「呼吸」!
  
        呼吸は、肺でしているとばかり思っていましたが、

        実際には、肺を包んでいる呼吸筋の動きでしていたことを
        初めて知りました。


        
この「呼吸筋」のストレッチの方法が下記です。

                         ▼

   
呼吸筋ストレッチ ◆ を毎日2回欠かさず実践しています。 

         姿勢:立っ or 椅子、どちらでも良いが起立の方がやり易い!
                                                       座る場合は背もたれの無い方が良い。

       呼吸:腹式呼吸と併用 ゆっくりと鼻で吸って  口で吐く!


  ① 胸の前で両手を組む--------------------------------------------------------------------

        
息をゆっくりと吸いながら、背中を丸めて両手を前に伸ばす
         ゆっくりと息を吐きながら両手を元に戻す(5~10回)
◆背筋肉

        
無題 



  ② 頭の後ろで両手を組み息を吸う-------------------------------------------------------

         
息をゆっくりと長~く吐きながら、両手を真上に伸ばす
          ゆっくりと息を吸いながら両手を元に戻す(5~10回)
◆体幹筋肉

         無題2 


     
     ③ 腰の後ろで両手を組み両肩を前に寄せながら息を吸う--------(立った方が良い)

         両肩を後ろに広げ胸を張って、息をゆっくりと吐きながら、両手を後方下に伸ばす
         ゆっくりと息を吸いながら、両手を元に戻す(5~10回)
◆胸筋肉

         無題1

                                         ◆

    
丈夫な自分の
健康基盤をつくるには、どんなセルフケアが…!?

     色々と健康情報を収集、分析の結果、たどり着いたのが 
     自分の全身をさするという、シンプルな手当て法でした。

     古くから伝わる東洋医学のツボ刺激です。

     中でも健康連鎖のでもある腹部下半身のマッサージは
     特に
念入りに欠かさずやっています!  

     よく言われているごく当たり前のことですが
     ノーリスクで気軽に実践できる生活習慣 3 大ポイントの改善

     ①偏らない食事 ②適度な運動 ③我が手によるケア

     先ずは他力に依存する前のセルフケア!
    「予防は治療に勝る」「薬より養生」 これに尽きます。

     薬を一切飲まなくなって、体調もそれなりに順調です。
      
                                 

              セルフマッサージのキーワード
◆T・S   

  img002BA.jpg
【 さすって健康!】

  手は究極のマッサージ器です。

  我が身健康連鎖自分の手蘇らせる!
  
   脳で描いたイメージを、手によって具現化する。
   その手をサポートするために人間が創りだしたのが様々な道具です。
   この素晴らしい手のパワーを自身の健康のために活用する!

   体調が悪いとき、無意識に患部に手を当てていませんか?

   無意識にしているこの
手を当てる という本能的な行為は
   決して気休めではなく、自分自身の
健康基盤 を整えるための
   有効なセルフケアの手段と言えます。

    
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
                                                                           
  セルフマッサージの目的

   自分の 手  身体 をやさしく さする ことで
   全身に分布している ツボ 自然に刺激することになります。

   それが エネルギー の原動力である の流れをスムーズにし
   血流 の改善と共に 各臓器 の機能を活発にします。

   自らの手で 発病 を 防御 してくれる 自己治癒力 と 免疫力 を活性化し
   健全な 身体基盤 を 創るのが目的です。

 【 食べる  そして整える 】 

   これ
が、他力に頼らない自力予防法のキーワードです


青赤・長


    ◆ スマホの健康リスク?!

   ●スマホの


   「スマホ認知症」という言葉が目に留まり、
     最近の街中を改めて見渡して感じることは、
     多くの人が下を向いた同じ姿勢で動いていることです。


     社会全体がスマホに感染し情報中毒に陥っていると
     しか思えないこの光景は異常そのものに感じます。

  スマホが生活軸の中心になっているこの状況を
     どう理解したらいいのか…?

     日々、進化しているスマホと不易な人の健康面の
     両視点から、この相関関係を捉えて見ました。

            ★
 スマホ感染依存派!】

     スマホにのめり込んでいる状態!

     認知症予備軍の軽度認知障害(MCI)の数は、
     400万人とも言われている。

     長期間に渡ってスマホを使用し続けていると
     将来、健康障害にかかる比率が高いとされる。

     特に幼少期から長期間、
     電磁波を浴び続けるのは要注意!

     寝ながらスマホのブルーライトの影響も同様!

     将来、健康面でツケが回って来る恐れありです!

     健康面への悪影響をあまり深刻に考えないのは、
     その要因をあまり詳しくは知らない!というのが
     スマホリスクを生んでいっていると言えます。

   以下はそのスマホリスクを調べてみた一例です!

                              ・

 ● 精神面へのリスク------------------------------------------------

    ・ 感情がコントロールできない。
    ・ 無感情・無感動になる。
    ・ イライラして攻撃的になる。
    ・ 自己中心的な傾向が強くなる。
    ・ 人との対話がかみ合わない。

    ・ スマホが無いとパニックになる。
    ・ 平常時の意欲低下が著しい。
    ・ 思考能力や記憶力が低下する。
    ・ 不眠症に陥りやすく眠れない。
    ・ 物忘れや記憶力不足を生じる。

    ・ 視覚に依存した生活パターン。
    ・ 五感のアンバランス状態を招く。
    ・ 脳の正常機能が低下する。
    ・ 同じ姿勢が身体障害を招く。
    ・ 的確な状況判断が出来ない…など

 ● 身体面へのリスク-----------------------------------------

    ・ ブルーライト / 視力の低下 / 眼精疲労
    ・ 電磁波の脳への影響
    ・ めまい / 肩こり / 吐き気 / 顔のたるみ
    ・ 睡眠障害 / 倦怠感 / うつ
    ・ 食生活の乱れ / 栄養障害
    ・ 腱鞘炎 / 骨粗しょう症
    ・ エコノミー症候群
    ・ 運動不足 / 筋力低下 / 猫背…など

 ● 社会生活への影響-----------------------------------------

    ・ 成績の低下
    ・ 遅刻・欠席
    ・ 引きこもり
    ・ 昼夜逆転の生活
    ・ 人間関係の悪化
    ・ 家庭内不和
    ・ 過剰な課金
    ・ 時間の浪費…など

---------------------------------------------------------------------

   実用スマホ派!】

       必要とする時に有効なツールとして使う!

       スマホの位置づけを自分の中で明確にし
       目的に合わせて使いこなす!

       スマホは自分のための有力なツールであって、
       自分をのめり込ませるものではない。

                                    ★

    ・ スマホのメリット、デメリットを認識する。
    ・ 自身の能力以上の反応はしてくれない。
    ・ 情報を素早く入手できる便利ツールである。
    ・ 入手情報は自己リテラシーでの分析が必須。
    ・ 頭部、顔面近くでの長時間の使用は避ける。
      ・ 使わない時は、できるだけ肌身から離しておく。
       
(特に睡眠時には、枕元に置かない!)など

   
健康面を考慮して自分流に使いこなす!

          これがポイントです。
     
青赤・長

      ◆ ポッコリ腹の仰向けストレッチ!

                         ①           ②           ③
   ★3連結★


    ●  「新陳代謝」エネルギーの消費比率!
----------------------------------------------------------------------

    ① 【基礎代謝】……70%
      臓器類を自動的に動かす消費エネルギー。

    ② 【活動代謝】……20%
      意識しておこなう運動での消費エネルギー。

    ③ 【食事代謝】……10%
      食べた物の消化に必要な消費エネルギー。
-----------------------------------------------------------------------

    消費エネルギーの殆どは【基礎代謝】が占める!
                          ▼
    エネルギーを自然消費して脂肪を落とす近道は
  【基礎代謝】の活性化がポイントになると言える。
           ▼
    ● その【基礎代謝】の活動比率は以下の通り!
------------------------------------------------------------------------

    ① 内  臓 …… 38% ★
    ② 筋   肉………22%
    ③ 脳……………20%
    ④ 脂  肪……… 4%
    ⑤ その他………16%  

    この≪内臓≫の活動を活発にする為の要となる
    インナーマッスルを鍛える仰向けストレッチ!

-------------------------------------------------------------------------

           ▼

    ① 両膝を抱えて、息を吐きながら
        太ももを腹に引き寄せて10 秒キープ×5回。

    ② 膝を抱えて、丹田を見て背中を丸めて
        息を吐きながら前後に5~10 回揺らす×5セット。

    ③ 両膝を立て、息を吐きながら腰を浮かせる。
          肩から膝までを直線に伸ばして10 秒キープ。
         その後、尻を床から少し浮かせた状態まで戻して
        これを 5セット繰り返す!

    ④ 仕上げに両膝を立て、肩甲骨が軽く浮く程度に上げて
        丹田を見て息を吐きながら10秒キープ×5セット。
  
4.jpg

    -----------------------------------------------------------------------

    ※ 仰向け状態だと自然
に腹式呼吸となり、
    腹圧負荷がカンタンにかかるので、
      インナーマッスルの強化に効果的と言える。


  
青赤・長



  
    ◆ 腹式呼吸で体内を活性化!


   順・腹式呼吸 ----------------------------------------------------------------

●通常の腹式呼吸 
    

   【腹式呼吸】は基本的に横隔膜の動きを活用した呼吸法で、
     深~く呼吸できるのが特徴で2種類あります。

     下腹(丹田)を凹ませ ながら 口から息を 吐き膨らませながら息を吸う

     この呼吸状態が【順・腹式呼吸】で、睡眠時や仰向けの状態では、
     自動的にこの呼吸法になる。
  
     無意識で自動的に行っている普段の胸式呼吸に比べて、
     仰向け以外での【順・腹式呼吸】は、意識して行う必要があります。



                                                   ★
 
    逆・腹式呼吸 ---------------------------------------------------------------

●逆腹式呼吸 
    

      下腹を 膨らませ 口から息を 吐き凹ませ ながら息を 吸う

     下腹の状態が【順・腹式呼吸】に比べて逆になり、
     呼気、吸気共に、主に下腹部にやや力が入った状態になるのが、
   【逆・腹式呼吸】の特徴です。(この呼吸法は意識しないとできない

     筋肉や内臓等の刺激をする腹にかかる腹圧を、
   【順・腹式呼吸】よりも高くすることができる特徴があります。

     腹圧とは腹部の内臓や背骨まわりの筋肉群をより積極的に動かす働き。


                      ★

     姿勢は、立つ、床に座る、椅子に座る、仰向け、いづれでも良い。
     肩の力を抜き下腹(丹田)に意識を集め、呼 吐くことから始める!
 
     ① 背筋を伸ばして、下腹(丹田)に軽く力を入れて膨らませながら
     口から長~く息を吐き出す

     ② 吐き切った後、力を緩め、肛門を絞めて、
          下腹を凹ませながら、鼻から軽く自然に息を吸う
   
           【 風船を膨らませる要領でやるとやり易い!】

     吐く息を長~くするのは、毎日、行っている胸式呼吸で、
     体内に残りがちな古い酸素を排出して入れ替えるのが目的。

     膨らませる
方が息を多く吐くことが出来る。
   (カラオケで歌う時には、この 逆・腹式呼吸 が良い!)    

     これを 風船を膨らませる要領 で交互に繰り返すことで、
     体内の健康基盤を活性化することに繋がります。

     私は、就寝時は【順・腹式呼吸】起床前は【逆・腹式呼吸】を、
     仰向け状態で30回程度をルーティンとして実践しています。

     生活の中で場所を選ばず、いつでも、どこででも出来るので、
     気軽に実践して体内の活性化を促進するメリットがある!

     下腹にかなりの腹圧負荷がかかっているのを実感します。

               ★

     ●下記のような腹圧効果があるとされる-----------------------------------------

     ・血液循環がスムーズなる。
     ・内臓疾患の発生率を抑制。
     ・胃腸の運動を促進する。
     ・消化機能が活性化される。
     ・腹腔内の分泌機能が整えられる。
     ・ストレス抑制や老化防止になる。
     ・インナーマッスルが鍛えられる。
     ・ダイエット効果にも繋がる
     ・便秘解消に役立つ。




青赤・長


   
◆ 健康とは…!?
  ●1 

      ◆ WHOの健康定義の憲章!
         ▼
     「健康とは単に病気でない、虚弱でないというのみならず、
          身体的、精神的そして社会的に完全に良好な状態を指す」
 

       とあります。

       病気をしないから健康、身体は丈夫だから健康…と、
     一般的にこう思っている人が多いのではないかと思います。

       しかし、身体には、心とは関係なく独自に機能している部分と、
       心の状況によって反応をするという部分の両面があります。

       例えば…
      ●2
     ◆ 心が…怒り、恐れ、悲しみ等の状況になると…

         筋肉や関節が緊張して血行が悪くなる。
     自律神経、循環機能、脳などにも影響を及ぼす。
         ホルモン等の健康バランスを崩す。

         …など、これが心の状況に反応する部分で、
       身体本来の機能を乱す原因にもなります。

     このような状況が長引くと、うつ病などに繋がる恐れもあります。

   ◆ 健康の定義を、別の思点で捉えると…

       【心身響感】 の状態が健康の要になると思います。
 
       【良好なる健康は、健全なる精神によって創られる】

         健全とは、身体に加えて、精神的な面も含まれ、
         心と身体の良好な響き合いこそベストと言えます。

   ◆ 健康的な「心」で活きるためには…

   ・ 唯一無二の自分の身体を信じる。
   ・ 意識して気持ちを穏やかに保つ。
   ・ 特に怒りの感情を持つことは避ける。
   ・ 物事に対して感情的にならない。
   ・ 呼吸を意識した瞑想で脳を解放する。
   ・ 鳥の声や自然の音に耳を傾ける。
   ・ 気軽に楽しめる趣味などをもつ。
          ・
   ※ これは現在の私の自己養生法のポイントです。
     予防医療のケアは自分で実践!が基本で、
     他力依存型、一辺倒の健康管理には疑問!?です。

青赤・長



【免疫力】って ?!  
   ★免疫力のコピー 
        ★ 体外と体内を隔てている皮膚の汗や皮脂、目の涙、喉の粘膜、
        微生物の活動を抑制している耳垢、気道の繊毛による痰、
        消化器官の胃液などそれぞれの部位で、病原菌の侵入防御や
        増殖等を抑制する作用で身体を保護している免疫細胞の働き!

        例えば、予防接種をしてもインフルエンザにかかる人、しなくても
        全くかからない人の違いは、個人の【免疫力】の差にあるといえます。

        仮にこれらの防御機能をすり抜けて血液にまで侵入した病原菌でも、
        全身のパトロール隊でもある最強の【NK細胞】によって退治されます。

        この【NK細胞】が正常に機能しないと発病に繋がる原因にもなります。

        特に、腸にはこの【免疫細胞】の70%が集中していると言われている。

 
       ◆ 激しい運動や抗生物質は、免疫細胞の活性を低下させる!

        激しいトレーニングをしているアスリートは、風邪などの感染症に
        かかる頻度が普通の人よりも数倍も高いというデータ結果がある。

        例えばフルマラソンの終了から2週間以内に、約6~7割の選手に
        風邪に似た症状が出やすいというリスク報告もあるとのこと。

        免疫力の低下というリスクを抱えて、懸命に鍛える選手達の運動が
        必ずしも健康に直接結びつく方法でないことが分かります。



        ◆ 免疫力アップに効果的とされる、主なツボ & リンパ節の部位!

        
●免疫力 (2)
    

     ① 【兪府】(ゆふ)------------------------------------------------------------

           免疫反応をコントロールするTリンパ球を育てるツボ。
          
★ 鎖骨の内側端下にある凹み。
          
※ ( 指先で押した状態で、息を吐きながら10回程左右に揺らす。)


     
  ② 【中かん】(ちゅうかん)---------------------------------------------------

            胃腸の働きを活発化して五臓六腑の健康を守ってくれるツボ。
           
★ へそから指4本分上の位置。
           
※ (両手の中指の指先で、息を吐きながら、10回程度軽く押す。)

       
 
  ③ 【足三里】(あしさんり)----------------------------------------------------

            全身のさまざまな痛みや健脚効果もあると言われている万能ツボ。
           
胃との繋がりがあり、気力不足の症状や体全体の治癒力を高めます。
           
★ 膝皿の下外側、指4本分下の小指の位置の凹み。
           
※ (親指で軽く、5秒間×5回程度押す。)


       
④ 【合谷】(ごうこく)-------------------------------------------------------

           
手のしびれ、歯痛、頭痛などに効く万能ツボと言われる手のツボ。
            ★ 手の親指と人差し指が交わる凹みの、人差し指寄りの部位。
           
※ (親指で軽く、30秒~1分押す。)


       
⑤ 【井穴】(せいけつ)-------------------------------------------------------

            
冷え性の改善、特に人差し指は消化器官の免疫力アップのツボ。
            
★ 爪の生え際の両側面にある部位。
            
※ (各指先の両側面を、片方の親指と人差し指で軽く挟んで揉む。)



      【主なリンパ節】----------------------------------------------------------------

       リンパ球(白血球)の活性化と老廃物を濾過する機能の改善と保持。
      
※ (リンパ節の細胞はデリケートなので軽く優しく、30回位揉む!)


       ⑥ ★ 鎖骨
(さこつ)・・・・・鎖骨内側の端下の凹み。
      
⑦ ★ 腋窩(えきか)・・・・・脇の下。
      
⑧ ★ 肘(ひじ)・・・・・・・肘の内側。
      
⑨ ★ 腹部(ふくぶ)・・・・・へそ周辺。
      
⑩ ★ 鼠径(そけい)・・・・・太ももの付け根。
      
⑪ ★ 膝窩(しっか)・・・・・ヒザの裏側。

 
      ● リンパの全身マッサージは、≪INDEX≫◆㉓ を参照!


青赤・長
  

       活力の元「氣」を解放!

     ●元氣  ●天空健康 
                             ☝
       最近はデータ化された数値で内容を説明する情報が多く目につきますが、
       唯一無二で人それぞれである個人の健康分野にまでもが、
     「数値=健康」を前提にした説明展開されているのには疑問を感じます。

       医療分野での治療方法は、今後も技術の進化と共に、
       データ化及び数値化はますます進んでいくと思います。

       しかし…
       自然界の摂理、人間の心、個人の体質などの本質は、究極の自然分野です。   

       自分の健康管理はナチュラル感を軸に、自分の直感力を優先して行い、
       データ上の数値を鵜呑みにして無意識のストレスを溜めないことです。

             ★

      ◆ エネルギーの源「氣」とは…

    自然界の氣
       宇宙から降り注ぐ「天空の氣」、地球上の全ての生命を育む「大地の氣」
       双方が響き合って、刻一刻と日々進化を続けている自然界の営み。

     【 健康体の氣
     呼吸等を通して、体内と自然界の「氣」は繋がっており、
       身体の内側で自動的に営まれているそれぞれの働きで、
       我々個人それぞれは、無意識のうちに
生かされている
       この営みは、人の意志でのコントロールは不可能!

     【 意識の氣
     
自然界の「氣」を我が身の中に意識してたっぷりと取り込み、
      我が身と響き合わせ、健康体をイメージしながら意識的に 活きる
      自分の意識次第でコントロールは可能!


      「氣」を開放すると、前向きの活発な気持ちになれる!

                                                               ・

    「病気」という言葉には…!?  

    「病」「気」を近づけてるから、自ら「病気」の状態にしている!

    気から」の言葉があるように、本来「病」「気」は別物! 

     元から「病」を持っている「氣」などはなく、
    「氣」の持ち方が「病」の状況を左右することに繋がっている!

    本来「気」の元は「元氣」なり!
   
●気の字の元

   ◆「予防は治療に勝る」「薬より養生」
 
           先ず健康情報の内容は、ナチュラル感覚と意識を軸に捉える。
        
データー数値を鵜呑みにしないで冷静に対応する。

        
自己養生による直感と意識!

         これが予防医療の基軸といえます。


青赤・長
 




        健康を守っている毛細血管!
   ●全身血管 

     ・ 心臓を出た血液が再び心臓に戻るまでの時間は約1分。
     ・ 全身を網羅している全血管の99%は毛細血管が占める。
     ・ 毛細血管を一本に繋ぐと約10万㎞、地球2周半にも及ぶ。
     ・ 細胞の最も近くに存在する血管が極細の毛細血管である。
     ・ 新陳代謝によって常に蘇生が繰り返されている毛細血管。
     ・ 消化分解された栄養は小腸の毛細血管から吸収される。
     ・ 栄養と酸素は共に毛細血管によって細胞に届けられる。
     ・ 老廃物と二酸化炭素の回収も毛細血管が行っている。
     ・ 酸素と二酸化炭素のガス交換は肺の毛細血管で行う。
     ・ 脳に必要とされる全血液の15%を届けている毛細血管。
     ・ 全血液の1/4が必要な腎臓には毛細血管が集中している。   

                              ★

       ◆ 例えば、血管を道路に例えると・・・

      心臓からの太い動脈・静脈の血管は、いわば高速道路にあたり、
      → 国道 → 県道へと細くなり、生活地域の津々浦々の裏小路に
    相当するのが極細の毛細血管であり細胞の最も近くに存在する。

      動脈と静脈を繋いでいるこの極細の毛細血管に支障が生じると、
      必要な酸素と栄養が細胞に届かず、老廃物の回収もできなくなる。

      突然の災害によって道路が寸断され、必要な物資が届かず、
      ゴミの処理もできない孤立地域の被害状況と似ている。

      髪の毛よりも細い末端細胞の極細毛細血管は詰まり易いので、
      健康の大動脈でもある血管のケアは重要な予防法と言えます。

      特に、心臓から遠い毛細血管の集まっている末端の、
    【 頭部、手の指先、足の指先 】のマッサージは重要になってきます。

                            ★

       ◆ 年齢に関係なく、いつからでも毛細血管は増やせる!

     
全身を網羅している極細の毛細血管のケアは、全身をさするのが
     
有効で、特に心臓から遠い、手、足、頭、大腿部等のマッサージは、
     
血流、冷え性の改善も促し、体内の活性化に繋がるとされている。

     
先ずは、毎日の食事や適度な運動、睡眠、入浴等の生活習慣を
     
見直すことが毛細血管の蘇生と活性に効果的と言われている。

     
体の深部を温めることは、睡眠の質を高めることにも繋がるので、
     
入浴は39~41度位のお湯に、約10分程浸かって身体を温めて,
     
就寝前、約1時間位までには済ませておくのが良いとされている。

    
◆ デジタルの数値等は、あくまでも参考目安として捉える。

     
自分の身体に備わっているナチュラルのメカニズムを先ず優先して
     
セルフケアを実践することが重要なポイントと言えます。

  

青赤・長
 

           我が身の精緻な恒常性!

 
●恒常性

  【 恒常性維持機構 】の働きとは…

   ・ 対外環境に関わらず、体温をほぼ 36~37℃ に保っている。
   ・ 血圧、心拍数、血液といった液体濃度を一定の範囲に保つ。
   ・ 特定の食品や量の影響を受けずに血液濃度を一定に調整。
   ・ 病原体への免疫反応や体内で不要になった老廃物の排出。
   ・ 全身の細胞や器官の正常な働きと連鎖をサポートしている。
   ・ 運動をしている時も一定の範囲内で体内のバランスを保持。

    などなど…体内のあらゆる調整に連携した働きをしている。

             ★

     体内全ての臓器は繋がっており、それぞれの活動機能は、
   互いに連鎖していて、単独で動いている臓器細胞類はない。

     極端な偏食や暴飲暴食、特定栄養素の常用等で、
     影響を与えない限り恒常性は自然にバランスを取ろうとする。

     食生活においては、カロリーや摂取量などの数値に
   過度に反応せず、食材が偏らない食習慣を心掛けること。

   カロリー等の数値は、あくまでもデーター上の目安であって、
     数値が体内でその通りに作用しているわけではなく、
     恒常性がすべてのバランスを取りながら調整してくれている。

    
例えば…

   血液のドロドロ、サラサラなどは、
   食材によってカンタンに変化することはないとされる。

   身体に良いからと野菜や果物類をたくさん食べても、
   恒常性によって自然に体内調整されるので、
   食材が直接ピンポイントで作用することは殆どない。

   食材によって体質がカンタンに変化するようであれば、
   人間は生きてはいけない!

               ★

   薬は患部に直接ピンポイントで治療するメリットと同時に、
   他の臓器への副作用というマイナス面も併せ持っている。

   したがって「健康になれる薬」などは存在しない。

   その点、恒常性維持機構は、トラブルが発生すると、
   自然に修復をはじめ、体内環境を統制して、
   元の状態に戻そうとする素晴らしい機能を持っている。

   唯一、自分で気軽にできるノーリスクのセルフケアといえば、
   よく言われる「食事バランス」「適度な運動」となる。
 
   「適度な運動」とは、「ハードに鍛える」ことではないので、
   自分の体力、体調を考えて無理をしないことです。
                
              ★

   車のトラブルは部品の交換でカンタンに元に戻せるが、
   身体は症状が治まっても、元の健康に戻った訳ではない。

   再発を防ぐには…

   「恒常性」を信じ「予防は治療に勝る」を心掛け,
   先ずは、自分の身体を整えるセルフケアにあるといえます。




青赤・長


        ストレス解消の源!



      ●情緒源   ●進化図 👈


     自分のことは自分が一番良く知っている!

    しかし、その性格の源は…? ある時に、ふっと疑問を持ちました。
      そう思って自分の性格を止観していく中で感じた【思点】を
        表現してみました。
             
          ◆ Aの状態-----------------------------
 
        自我が目覚め始める3歳頃までは、家庭という身近で限られた環境から、
        無差別に情報を【刷り込まれる】時期!

          身辺の環境範囲が広がると共に、大量の知識や情報を吸収し始めて、
        自我が確立する15歳頃の思春期までに、
        将来の思考基盤となる【情緒】がこの時期に育まれていく。

 
       例えば・・・

          本能的な好き嫌いといった嗜好や性格は、
        この幼少期の【情緒データ】が基盤となっている。

       
自分以外の人に刷り込まれた部分を自分と思い込んでいて
      これが自分の思考・行動基盤の始点になっていたことを実感。

       ◆ Bの状態----------------------------- 
  
      様々な知識や情報を吸収して満杯状態になるのがこの時期です。

       
成人して社会と関わりだして新たな知識・情報を入れようとしても、
       
このように満杯状態では、中々、思うように取り込めない!

       
記憶力のピークは20歳頃と言われているが、果たしてそうなのか?

       
不要な情報をゴミ箱のように捨てることが出来れば、
       
スッキリとするのだが、それは不可能!

          ◆ Cの状態-----------------------------   
 
        そこで整理は出来ると思い、自分の内面データを改めて見つめ直し、
        長所、短所等に分類して、整理してみるとこうなりました。
 
        自分に進化出来る余地が、まだまだ、こんなにもあったのかと驚きでした!

       
自分の【情緒】の根源が明療になってからは、
       
物事を捉える意識が変わり、気持ちが楽になりました。

             ★

       
以前は私も物事を深刻に捉えて尾を引くタイプで、
       
胃が痛くなることもしばしばでした。

       
その後はストレスで一時的に落ち込んでも、
       
少しづつ気持ちの切り替えは早くなっていきました。

       
いくら深刻に考えても、元に戻る訳ではないので、
       
先ずは、状況を現実として受け入れてから、どうするかを考える!

       
この自然体の思考法が、ストレスを軽減することに繋がり、
       
健康にも良い影響を及ぼすことを改めて実感しました。
    

      ◆ Dの状態--------------------------------

       現在は

      【今日も一日進化】の気持ちで、
        自分に必要な知識・情報等と接しながら、
      【健・康・思・点】の可視化と【健康オブジェ】の創作を
        ライフワークとして、心のままに自然体で楽しんでいます。

          認知症になったら…と、答えのない不安に脳を使うよりも、
        “ 今が未来 ” の思いで気楽に脳を使う! 

      【 好きなことを自分流で自由に!
       
これが私流の意識活性化の源になっています。

     
【  性格を止観すると健康との連鎖が見えてくる。】
   
                             

青赤・長

    

      心身のバランス!
 
心身

        「心身共に健康」とは、
        心と身体の連鎖バランスが、
      うまく取れている状態のことを言います。

       「身」の方は食事などに左右されることもなく、
        特に意識をしなくても常に自動的に身体を、
        一定状態に調整して保ってくれる

         恒常性維持機構 という機能が備わっています。

 
      仮にこの恒常性が破綻して病になった場合でも、
        多くの病がこの機能によって、医療の力を借りなくても、
        自らの力で自然に修復して治そうとする働きをします。

        生かされている!

        しかし「心」の方は、自動的に…とはいきません。
        あくまでも自分の意識でしか調整できません!

        意識して活きる!

                                              


        無意識に溜まる様々なストレスの影響が原因で、
        身体に何らかの症状が出る病を「心身症」といいます。

 
      この「心身症」には「心の有り方」が影響連鎖していて、
        自分でうまくコントロール出来ない人に多いといいます。

        ストレスの種類や感じ方は、一人ひとり違うのですが、
        先ず、自分の思考パターンのクセを見直して、
        少し「思点」を変えてみる!
 
         ◆ 例えば……

        ストレスを「不安」に言い換えて考えると… 

 
      良いか?悪いか?の結果で迷っているとき、
        どちらになるか分からないにも拘わらず、
        つい、悪い方の結果を先に想定して「妄想」をしはじめ、
       「不安」を募らせていく…。

 
      そして、その「妄想」がどんどん膨らんで、
        ますます「不安」を生み出すという悪循環の心理状態が
        心身のバランスを乱す原因にもなる。

 
      多くの人がそうではないかと思う!

 
       ◆ それでは「心身共に健康」の状態を実現するには…

        どちらの結果になっても冷静に対応できるように、
 
      心の状態を保ってやみくもに「不安」を増幅させない!
        このプラス思考ができるかどうかです。

         ◆ 自らの健康は自らの意識で!
 
        これが「心身共に健康」状態を実現する
        セルフケアへの
第一歩と言えます。


青赤・長
 


  

                     テレビの「???番組」!


◆◆液晶



      見えている点!【オモテ】

       ① 感情を昂らせる音楽で不安を煽っている。
      ② 発病が前提の内容で進行展開されている。
      ③ 不安を増幅させて関心を引き寄せている。
      ④ 特定の医師の言葉を絶対と思わせている。
      ⑤ 数字が健康を守る様な印象を与えている。
      ⑥ 同じ映像を何度も繰り返し洗脳している。
      ⑦ 病と年齢を結びつけて不安を煽っている。
      ⑧ 特定食品を万人向けと錯覚を与えている。
      ⑨ 一人の治療症状を一方通行で流している。
      ⑩ 消化不良の状態のままで番組が終了する。



     ◆ 隠れている点!【ウラ】

      ① 不必要にストレスを与える手法を見極める。
      ② 番組の主たる目的は高い視聴率を取ること。
      ③ 番組で取り上げた項目のその後はうやむや。
      ④ 唯一無二の個人対象への企画内容ではない。
      ⑤ 身近な洗脳装置と言えるテレビの健康番組。
      ⑥ 放映内容を自身の頭で冷静に分析すること。
      ⑦ 健康番組でなく実情は不健康番組と言える。
      ⑧ 責任の欠如したコメントを鵜呑みにしない。
      ⑨ 専門用語や数字類を無条件に受け止めない。
      ⑩ 自分の価値観を番組の価値観にかさねない。

     ◆◆健康
    ※ テレビの情報発信は
                   一方通行であるから

     
      特に結論を出せない健康番組には、
         自身との距離感を保って冷静に視聴!
 
         自分の身体は、唯一無二であって、
        
番組の人物とは同一でないことを再認識。

        
健康番組を見る時の基本スタンスである。



青赤・長 



  
【 ヘルスリテラシーを高める! 】

◆ふるい

 
最近【 〇〇リテラシー】という言葉を耳にします。

   例えば、PCリテラシー!  メディアリテラシー!など…

   カンタンに言えば…
   その分野の情報内容を的確に読み取って
   自分に活用出来るよう工夫する能力のことです。

   氾濫している膨大な情報量の中から、
   有益な情報を見極めるのは大変難しいと言えます。

   特にサプリメント、健康食品等の広告の殆んどが、
   不特定多数の人が持っているであろう悩みを刺激して
   意識を向けさせるように仕組まれています。

   目的はリピート購買させるのが主たる狙いであって、
   個人それぞれの健康を保障するものではないのです。

   サプリメントは薬ではなく食品扱いなので、
   治療薬のような言葉を使えないのも実情です。

   サプリメント広告にはアニメーションを使って
   製品の成分やメリットを説明した表現が多く見受けます。

   このアニメーションを使うメリットは、
  「効果」という見えない点を強調して訴求し易いという
   表現上の利点があるからです。

   例えば、痩せたいという願望を持っている人は、
   ダイエット情報には自ら関心を寄せてしまいます。

   自分へのメッセージではないのに
   個的な情報として捉えてしまい無意識の内に、
   イメージを自分自身と重ねてしまいがちです。

   企業側は、この心理的行動を逆利用して、
   自社エリアに誘い込んでその気にさせるという
   健康広告の常套手法を使っています。

   文言を根拠なく鵜呑みにして取り入れてしまうと
   少なからずリスクを生じることにもなります。

   特に健康情報の中から自分に有益か否かを見極めるには、
   自分の ヘルスリテラシーレベル が重要になります。

   言わばリテラシーは本質を抽出するフィルターと言えるので、
   自身が持っているヘルスリテラシーの網目が、
   画像のA、 Bのどちらのタイプかを先ず再確認する。

   外の健康情報に頼る前に、
   唯一無二の我が身の健康基盤を信じて、
   先ずセルフケアで自己の治癒力を呼び覚ます!

   これがやみくもに健康情報に惑わされずに、
  「薬より養生!を実践するセルフケアの要と言えます。

   ※ 現在のようなインターネット情報が中心の社会では、
   リテラシー高めることは必須と言えます。 




青赤・長



     【 リンパ マッサージ 】は健康の要

         
   ★●
 
      
 ◆リンパ液とは…

    血液が末端の毛細血管で動脈から静脈に変わるとき、血管から染み出した、
    異物や老廃物等を回収して、静脈とは別のリンパ管を通って、
    各リンパ節で合流して老廃物や細菌類を濾過するという浄化作用
    繰り返しながら静脈と並走する経路で心臓に戻る
機能がある。

    同時にリンパ節内では、白血球というリンパ球がつくられていて、
    細菌やウイルス等を退治するというパトロール隊としての役目も持ち合わせ、
    免疫力を高める機能で体を内側から守っている。

    リンパ球は、一度撃退したウイルス類を記憶するという特性があり
    新たに生まれてくるリンパ球にも、この特性は受け継がれていくとされる。

    この【浄化】と【免疫】という二つの機能で、クリーンに蘇らせた血液を
    再び左鎖骨の合流点で元に戻すという重要な役目を担っている。



    ◆リンパマッサージの最初は【左鎖骨】から!

     先ず★血液との合流点がある、左鎖骨のリンパ節を揉んで出口を空けておく。
     その後は、手・腕・脚など心臓より遠い部分から、優しくマッサージする。

     ◆全身に約800はあると言われている中の主なリンパ節の位置!

     ・耳の下前・アゴの下・後頭部・鎖骨・脇の下・肘の内側・腹部
     ・脚の付け根(そけい部)・ひざの裏

     リンパ節は、組織がデリケートなので、強く揉まない
     豆腐を押すような感覚のイメージで、ゆっくりと優しくもみほぐす



    ◆マッサージの方向は…

 
   ・鎖骨………上(肩)から下方向へ
     ・後頭部……首から肩へ
    
・腕全体……手首から肘、脇の下方向へ
    
・脇腹………下から上(脇の下)方向へ
    
・腹部………腹から脇の下方向へ、腹からそけい部方向へ
    
・脚全体……足首、膝、太もも、そけい部方向へ、下から上へ…とさする。



    リンパ液が心臓に戻るための動力源は、筋肉の伸縮に頼っているので、
    筋肉量が減って弱くなるとリンパ節で滞りがちになり、むくみなどに繋がる。

    リンパ液の流れは血液に比べて遅いので、滞ることも起きやすく、
    そうなると細菌退治のパトロール隊ともいえるリンパ球が、
    即座に対処できないという問題が起きて、病を防げない可能性もあります。

    マッサージによるリンパ節の活性化と、動く、歩くなどの基本的なケアで、
    筋肉量の低下を防ぐ事が、他力に頼らない健康法と言えます。

    さする回数などは、特に決まっていないので自由に!
    リンパ液のスムーズな流れを意識しながら、気軽に続けるのがポイント!

    ◆リンパマッサージのNGは…        ・強い力でのマッサージはタブー
                          ・食後2時間以内や飲酒の直後
                          ・病気、体調が悪いとき
                          ・極度に疲れが溜まっているとき
                          ・ケガや湿疹があるとき…などは控える。
    


青赤・長

 【 リンパ液の役目…!? 】
               血液の循環
               

 ●血液循環 ■リンパ


   リンパ液の流れを円滑にしておくのがケアのポイント!
         
   例えば水道水に例えると、血液は 上水、リンパ液は 下水 にあたり、
   処理された後に、上水として再生される仕組みと似ています。

   末端の細いリンパ管は、リンパ節 で合流し浄化を繰り返しながら
   次第に太くなっていき、最終的には、鎖骨部分で血液と合流します。

 -------------------------------------------------------------------------------------

   血液は約60秒で全身を一巡しますが、それに比べてリンパ液の流れは、
   リンパ節での作業しながらなので、ゆっくりとした流れです。

   しかも、静脈と同様に下から上への重力に逆らった一方通行のため、
   どうしても滞りがちになります。

   その予防策として、リンパ液の円滑な流れを保つための
リンパ節のマッサージ
   ふくらはぎの筋力強化、リンパ呼吸 などが効果的とされています。

   仰向けでへそを中心に両手で三角形を作り、 ゆっくりと軽く鼻から息を吸い、
   両手で軽く押さえながら、長~く意識して口から息を吐き切

   これが腹式呼吸の リンパ呼吸法 です。

   生まれながら自身に備わっている各臓器の機能を正常に呼び覚まし、
   全身の細胞を活性化して自身の健康連鎖に繋げるには、
   血液とリンパ液の円滑な連鎖の流れが 健康基盤の要 になると言えます。





青赤・長


 


     
【 情報に飛びつく前に…! 】
モノ情報 
   バッグや車…など、モノに関する情報は、
   形状や詳細が、はっきりと分かるので、
   欲しいと思えば入手後のイメージを、
   リアルに思い描けるので自主的に動ける。  

   反面、サプリメントなどの健康関連の情報は、
   眼には見えない漠然としたイメージなので、
   自分への適正な効果度を明確に思い描けない。

 
  従ってタレントの雰囲気や広告メッセージが、
   自分のもっている悩みと少しでも接点があれば、
   もしかすると効果があるかも知れない…と思い、
   イメージを重ねてしまう傾向にあります。
  
   そして、漠然としたイメージのままの状態で、
   自分から情報に近づいてしまう。

   これが巷での健康情報に多い対応と言えるでしょう。

   その有名タレントには効果の事実があったとしても、
  「あなたにも効果があります!」とは言えないことなど、
    内容そのものを冷静に見据えて、見極めてから…
    自分に適するかどうかを判断することが大切です。

    他力に依存しているだけでは「唯一無二」の我が身は守れない! 

    これが基本です。
 青赤・長  



     【  ある日、突然に・・・!】 

●足型A
  

徒歩中やジョギング中、起床時の一歩目などに、
突然、かかとにズキンと痛みを感じて歩けない!

これが  「 足底腱膜炎 」  といわれている病状です。

かかとから足先に流れる足底腱膜に炎症を起こす症状で
体重をかけたとき、瞬間的にかかとに起こる痛みが特徴です。

しかしそのうちに、痛みが無くなったりする事もあるので
つい放置しがちになり、そのままにしておくと慢性化して
悪化すれば手術が必要になる恐れも出てきます。

加齢による足底腱膜の柔軟性の低下が原因と言われていて、
とくに50~60代の女性に多いとされています。

しかし、長時間の立ちっぱなし、スポーツなどで足を使い過ぎる人などは、
年齢、性別に関係なく発症する可能性もあります。

発病すればとにかく歩けないので、即、日常生活に支障をきたします。
     
--------------------------------------------------------------------------------------------

発病予防の  チェック 方法は  図 ように片手で親指を反らして、
親指の付け根から、土踏まず、かかとへと伸びる  図 の足底腱膜を
もう片方の指先で順に軽く押していき痛みがあるかどうかを調べます。

痛みがある場合は、この「足底腱膜炎」の予備軍とも言われています。

◆ 予防法 としては ③ 図 のように親指を反らすストレッチ。

痛みのある足は60秒、痛みの無い方は30秒くらいが目安。

反らした後 、 図 のように 土踏まず を軽くもみほぐし、
そして、ふくらはぎもしっかりマッサージして血流を整えることです。

この方法が簡単に出来る効果的な予防法と言われています!

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------

 ※ わたしの場合、チェックしてみると、
   左足の親指の付け根の下部分がほんの少し痛く、
     足底腱膜そのものも右足に比べて少~し硬い感じがするので
     毎日、入浴後の両足が温まった状態で、
     左足を1分、右足を30秒づつ反らしています。

   ケア後は、押しても傷みはありません。
   ある日、突然に歩けなくなるのはイヤですから毎日続けています!


青赤・長


     【 わたしの健康連鎖 】
健康連鎖 copy 

  病後のリハビリとして、健康維持の要でもある血流を改善するために
  全身に手を当てるという、極シンプルな方法のマッサージを、
  21011年7月から始めて4年半が経ちました。

  その結果、次の4つの症状も併せて改善されました。(私の場合!)

  それは------

  ① 肩こり  ② 冷え性  ③ 便秘  ④ 目の疲れ、です!

  長年のデスクワークと加齢によるものと、半ば諦めの心境でもありましたが、
  これはもう、血流の改善による健康連鎖の効果としか考えられません。

  全身をさすることで血流が改善され、血液が身体の隅々まで好循環して、
  各臓器が活性化し響き合った結果だと思っています。

  マッサージを始めた当初は、薬との併用もしていましたが
  3ヶ月目位から何となく体調がいいなぁ~と感じる事が多くなり、
  それ以後は、セルフマッサージ以外何もしていません。

  長年の悩みでもあった肩こりは、ここ3年は殆ど凝らなくなりました。
  また、万病の元と言われる冷え性も改善され冬場も問題ありません。

  ③便秘も薬に頼ることも無くなりました。(INDEXの⑱参照)
  ④の常にゴロゴロとしたドライアイ的な感じのの症状も、
  頻繁に目薬を注していましたが、今は全く使っていません。

  以上の4つの症状について以前のように悩むこともなくなり、
  健康連鎖による想定外の効果でした。

             ・

  体質は一人ひとり違うので、一概に誰でも同じ連鎖効果とは言えませんが、
  身体の仕組みは同じであり、個々の機能も連動しているので、
  健康連鎖の効果が起きるのも頷けます。

  セルフマッサージは、アナログの極みでもある自分の健康を維持する上で、
  リスクも無くいつでも気軽に、しかも自分にしか出来ないケア法と言えます。

  機械や薬などの他力に頼らないで、自らの自己治癒力を信じて続ける
【治療の前の予防!】 このキーワードで、自らの健康連鎖を呼び覚ますためにも、

  試してみる価値は十分にあると思います。



青赤・長  
     
     【 あなたはどちらのタイプ?

    無題
             【見極め派】                       【鵜呑み派】

 私たちの身体には目・耳・鼻・はそれぞれ2つづつあるのに、
 なぜ【 だけは真ん中に一つなんだろうって?

 こんなこと思ったことはありませんか? 

                   ・

 巷に溢れている膨大な量の情報を受信する通信機に例えてみると、
 こんな共通点が見えてきました!

 それは、情報を送ってくる源(企業)側は【発信機】であり、
 受け手側である私たちは【受信機】に相当するということです。

 我々の身体には本来、四つの高性能な【受信機】が備わっています。

 それが【目、耳、鼻、手】です。

 それぞれの部分に、こんな言葉を当てはめて見ると分かり易いでしょう。

 ★ 目・・・見分ける!
 ★ 耳・・・聞き分ける!
 ★ 鼻・・・嗅ぎ分ける!
 ★ 手・・・仕分ける!
 
◆ 口・・・言い分ける!?(二枚舌?

【 目、耳、鼻 】この3つは、情報内容を 同時に判断 できる 分析機 であり、

【 手 】は、その分析した情報そのものを取捨選択する 分別機 と言えます。
 しかし、【 口 】は、同時に異なることを発せない 発信機 なんです!

 情報内容を、自身に備わっている4つの高性能な受信機で冷静に見極めることで、
 その情報の内側に隠れている 本音 と、広告目的の 建前 が見えてきます。

                                              ・

  例えば、車や電化製品などの広告は、使って楽しいことがイメージできますが、
  健康情報は個々、体質が違うわけですから、必ずしも自分に合うとは限りません。

  しかし、我々の 不安や悩みの部分 を刺激してくるため、ついその気になって、
  情報内容を 鵜呑み にし真に受けて、つい相手のエリアに入り込んでしまう!

  決して、あなた個人 へのメッセージではないので冷静に判断することです。

  結果的に自分には 効果が無かった!
  なんてことは最初にイメージしませんから・・・

                                      ・


  これらサプリメント類の広告意図は 【リピート販売】 が主たる目的であり、
  体質の違う個人、つまり貴方の健康を保障している訳ではありません!

  だから、あなたを健康にします!とは一言も書いていません!

  受け手が勝手にそう思うように巧妙に仕向けられたシナリオなのです。

  その証拠に殆どの広告が、様々な数字を羅列した商品の成分説明や、
  受けてのハートをくすぐる魅力的な言葉を駆使した手法なのです。
 
  ◆ データ数字の根拠も一方通行で定かではありません!?
   
  例えば・・・

  リピート率95%、 売り上げナンバーワン、 顧客人気第1位、 業界一位、
  他に比べ成分量が倍、 何人に1人が、 加齢と共に年々減少、愛用者の声、

  使用前・使用後の画像(今の画像技術ではいとも簡単に作成可能)などなど・・・

  冷静に分析すると???だらけです。

  病になる、ならないは、自身の中に宿る自己治癒力が要です。

  口から摂取するものといえば 薬 以外は 食物 だけです。(サプリメントも食物)

                                      ・

  人間の身体は、食物として摂取したものは、
  全て自動的に分解され調整されるので、よく言われている
  毎日の食事バランス適度な運動こそが最も大切な基本です。

                    ・

  唯一無二の自分の体質に合った健康情報を選択するためにも、
  本来、自身に宿るこの4つの受信機を駆使して分析をし見極めることが大切です。


 
情報は  収集! →  分析! →  決断! です!
                   【目・耳・鼻・手】

  
決して 【 直感 →→→→→→→→→→→→→→→→→→ 決断 】 しないことです。


  ※ 健康だけに限らず、全ての情報の分析にも当てはまることです。
       自分が発言する場合は、相手に4つの受信機で分析されていることを意識して喋ることですね。
                           
--------------------------------------------------------------------------------------------------(広告制作の裏話
) 

                                                                                                    


青赤・長  
 
 【 健康バランスのイメージです!】
 DSCN4249.jpg 

 【私流no生活健康習慣3原則】
                  
  ① 意識して食べる!(食事バランス)←よく言われています!
  ② 意識して歩く!(適度な運動)←よく言われています!
  ③ 意識して整える!全身をさする

    ◆ 意識する!

    常に 意識 をもって、この3点を継続して実践することが、

    脳の活性化 と 生活習慣の改善 に繋がる健康の要と言えます。

    人が口から摂取するのは 食品と薬 だけです。

    薬は病の治療する時だけですが、
    毎日の食事は、健康基盤である体力を維持するためには、
    欠かすことのできない最も重要なことと言えます。

    よく言われているごくごく当たり前のことばかりですが、

    極端に特定食品に偏った食べ方でない限り、

   普通の食品をバランスよく
しっかりと 食べる だけで、

 
  人間には本来、それぞれの食品のもつ栄養成分を

    自動的に分解、調整してくれる バランス機能 が元々備わっています。

    食べる物によって、体質がコロコロと変化することはありません。

    従って 特定の成分を常習的 に摂取することは、

    この 調整機能 に影響を及ぼすことにもなりかねません。

    また、巷の健康情報の数値をそのまま自分に当てはめて、

    無意識に健康ストレスを溜めてしまうことにも要注意です。

    身体の仕組みは同じでも、体質は一人一人違います。

    同じ物差しで必ずしも測れないのが、オンリーワンである我が身です。

   ◆ 先ずは身体のしくみと、自身の体質を的確に把握することです!
   ◆ 
特定の栄養成分の摂り過ぎには気をつけましょう!

               ・

    食べた食品の成分を体内で 分解、消化燃焼 して 新陳代謝 を促し、

     細胞に必要な栄養素に変換するには 運動 は欠かせません。

   
しかし、◆ 心拍数の上がるような動きは要注意です!

     ゆっくりと無理のない程度の速さで 歩く のが最良です。

     そして、意識的に周りの風景を楽しみながら リラックス・・・がベストです。

     ① と ② は、よく言われている、
     食事バランス と 適度な運動 ということになります。

     ここまでを、それなりに意識している人は多いとは思いますが、
     ③ では、サプリメントなど、経済リスクをかける健康情報に、    
     意識が向いている人も結構多いのではないでしょうか?

 
         ・

     我が身の 健康基盤 を 整える!

     食べたものが消化燃焼、分解、変換された栄養素は、

     腸から吸収 され、血液 によって全身に運ばれるので、

     効率よく吸収と排出をする 腸機能の活性化 と、

     良好な
 血流 を保つため ふくらはぎ を中心に下半身のマッサージ は、

     予防ケアの中でも特に重要になってきます。

     全身をやさしく摩るだけの 手当て健康法 を実践して、

     日頃から我が身の健康バランスを、自らの手で整えておくことです。

    ◆  特に、腹部から下、つまり下半身のマッサージを念入りに!

         ・

    意識的にこの ① ② ③ を継続して実践することが、
     発病を事前に防御する 免疫力 を高めることになります。

     先ずは自身の 基盤 を整えて、機能の 健康連鎖 を呼び覚ます!

     これが健康維持の基本です。

     セルフケア の基本的な考え方と言えます。

    ◆ 先ずはお金を使う前に、意識をもって自らの手でケアしましょう!



青赤・長     

   健康連鎖のサイクル

 体調を崩す原因のウイルスや細菌、微生物類の
 体内侵入を完全に【シャットアウト】するのは不可能なことです。
   
 インフルエンザなどが流行すると、予防接種をしても感染する人と、
 そうでない人との違い、それは【免疫力】の差と言われています。

 外から侵入してきたウイルス等を体内で正常に防御できない時に発症する。
 この
【免疫力の低下が病の原因と言われています。
   
 強い免疫力を保持するには、食物から摂取する栄養素が、
 細胞に円滑に行き渡り【臓器類】が正常に機能している必要があります。
   
 その栄養を運ぶ血液は、毎日の食材からしか作られないために、
 バランスのとれた【食生活】がいかに大切かが分かります。

   
 極端な偏食をしない限り、自然の食材を普通に食べているだけでも、
 【栄養バランス】を自動的に整えてくれるのが人体の仕組みです。
 毎日の食事は五感で味わいながら】ゆっくり、がベストな食事法です!
 
  特定食品の常用で、栄養バランスを崩さないよう注意することです! 

 体の仕組みは【オールイン・ワン】でも、我が身は【オンリー・ワン】なのです!
 
 脳を筆頭に全身の細胞に不可欠の【酸素と栄養】を届ける
 重要な役目を担っているのが【血液・血管・血流】です
  ▼
 血液は列車であり、血管はレール、血流は安定したスピード、
 動脈、静脈、毛細血管は全身に張り巡らされた路線に相当します。

 まさに生きていくための【ライフライン】そのものなのです。
   
 このライフラインを、正常な状態に維持するために最も大切なのが、

 日々の【セルフ・ケア】で、これは自分でしか実践できません。
   
 そのセルフ・ケアの具体策的なキーワードが、
 【①毎日の食事②適度な歩行③全身を整えるマッサージ】です。

 巷の健康情報には必ずと言っていいほど明記されていることです。
   
 中でも安定した血流を改善するのに最も重要なマッサージ部分が、
 第2の心臓と言われている【ふくらはぎ】を中心とした【下半身】です。

  
 この下半身の筋肉の【収縮と弛緩】が血液循環をサポートしていて、
 血液を心臓に戻すための不可欠な【ポンプ】の役目をしています。
   
  【歩行運動とマッサージ】で、下半身の筋肉が無理なく、
 自然に鍛えられることで、血流の潤滑な流れを保っているのです。
   
 下半身に溜まりがちな血液が安定して全身を巡ることで、

 万病の元と言われている【冷えの症状】などの改善にも繋がります。
   
 冷えの解消は、血流の滞りが原因で起こる、肩こりやむくみ、腰痛など、
 【他の症状】の軽減、改善にも繋がると言われています。
   
 体内の機能が活性・正常化することで【免疫力】が高まり、
 外からの細菌や微生物類を自動的に防御してくれるわけです。
   
 この頼もしい防御機能は、【自己治癒力】として、

 元来、私たち一人ひとりに、平等に備わって
   ▼
 この機能を高めるには、サプリメントなどに頼って常用するのではなく、
 毎日の食生活!適度な運動!全身を整える!のセルフケアよって、
 体内の【健康連鎖】の中で自動的に培われるものです。
   
 
【 しかし、最も体調を崩す主たる要因は【ストレス】と言われています!
   
 無意識のストレスによって、精神に乱れを引き起こしている、

 原因がはっきりしない病状を【自律神経失調症】などと呼んでいます。
   
 健康対策の“要”でもある
【意識】をリラックスした状態に保つことが、
 健康連鎖のサイクルを好循環させる上で、最も重要なポイントと言えます。
  

 巷の健康情報の数値に一喜一憂して、ストレスを溜めることのないように、
 先ずは、我が心身をしっかりと【五感でコントロール】することが先決です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   互いの臓器が響き合って機能する健康基盤
のキーポイントは、
 
リラックス  食生活 ・ 歩行運動 ・ マッサージ の4つです。

   この良好なバランス状態こそが【健康】な状態であると言えます。
                   
  
外からの健康情報に惑わされる前に、
  まず、我が手で自身の【健康連鎖】を蘇らせる!

  
 これがセルフ・ケアの基本です!



青赤・長
 【血流の仕組みを理解して納得のケア】
          血流文字のコピーimg006.jpg   
 ≪血液の循環≫
       
酸素 と 栄養 を取り込んだ血液は、動脈 として 心臓 の左心房・左心室から
全身の各細胞に送り出されます。

全身に張り巡らされた総血管の90%を占めると言われているのが 毛細血管 です。

この極細の 毛細血管 を通って、各細胞に不可欠の
酸素 と 栄養素 を全身の細胞に運んでいるのが 血液 です。

この極細の毛細血管を一本に繋ぐと、

何と地球の2周半、延べ10万㎞にも及ぶと言われている。

各細胞に 酸素 と 栄養素 を届けた血液は、
静脈 となって、無用になった 二酸化炭素や老廃物を回収し
排出を兼ねながら、心臓へ戻って行きます。

静脈の血液 は、筋肉の 収縮と弛緩 によって上へと押し上げられます。

血液が着実に心臓へ戻るには、逆流を防止するための 「弁 」が必要になるので
静脈血管内には、5センチ毎にそのための 「弁」 がついています。

その「弁」と連動して上に押し上げる重要な ポンプ役 をしている筋肉が、
 
第2の心臓 言われている ふくらはぎ の筋肉です。

重力上どうしても下半身に集中してしまう、総血液量の70%の血液を、
心臓に戻すためには、下から上へと押し上げる ポンプ機能 が不可欠なのです。

右心房・右心室に戻ってきた 液は、肺の呼吸器で二酸化炭素を排出して、
新たに酸素を取り込み、再び、動脈となって心臓から全身を巡っていきます。
    

--------------------------------------------------------------------------------

この血液の正常な循環こそ、健康基盤を維持するための 要 であり、
まさに血管・血流はライフ・ライン≫そのものです。

まず 血流 が良好でないと、サプリメントや高栄養素の食物を
いくら外から取り入れても、効率よく細胞まで届かず効果も半減します。

下半身の筋力が落ちてくると、ポンプ機能も低下して 血流 が滞り、
万病の元と言われる 冷え の症状を引き起こす原因にもなります。

この 冷え は、臓器の免疫力を低下させる原因にもなり、
その結果、むくみ、腰痛、肩こり など様々な病状の原因になるとされています。

---------------------------------------------------------------------------------

自分で出来る≪血流≫改善のケアのポイントは・・・・・

同じ姿勢を長く続けず、一時間に一回は立つ事!
  (30分も座っていると血流の速度は半減するので、適度に動くことが大切です。)

② 適量を偏食をしないで食べる食習慣を心掛ける!
 (私たちの体の仕組みは、どんな食材でも自動的にバランスを保ってくれます。)

全身に、自分の手を当て、やさしく、揉む、さする!
 (全身を自分流の快適な方法で、セルフマッサージを実践するのがベストです。)




青赤・長
 
【 未病は自らの手で改善!】
 
未病=健康のコピーのコピー 

  【 病気では無いけれど… 】 → 【体内メンテナンスでケア!】


  ◆≪意識≫が≪気≫をコントロール◆

   何もしないと年齢と共に自然に低下していく体内機能や免疫力!

   これをいかに良好に保つかが重要ポイントです。

   そのためには、日々の体内活性のケアが欠かせません。

   実践する時の一番のポイントは≪気≫の持ち方がまず大切で、

   プラス意識を持って実践した方が効果も上がるというものです。

   元気な健康のキーワードは、この≪気≫が全てとも言えます。

   仮に病になっても、この≪気≫の持ち方ひとつで、

   順調に回復が早まると言っても過言ではありません。

   全ての体内機能の原動力であるエネルギーの元になる≪気≫!

   この≪気≫を司っているのが≪意識≫なのです。

   まさに≪病は気から≫!意識の持ち方が症状を左右する訳です。

 ◆【 サプリメントで病は防げるか?】◆

   私は現在、サプリメント類は一切摂取していません。

   それまでは、サプリメントを止めたら健康に影響が出るのでは?

   という思いを抱えながら摂取していたのが現状でした。

   しかし予期せぬ病気を患い、それまでの健康対策は見事に覆され、

   サプリメントで病気は防げないと実感した訳です。

   もちろんサプリメントを全面否定するつもりは毛頭ありませんが、

   私はそれよりも先に、健康の基盤であり病気を防ぐ要でもある、

   ≪免疫力≫が、万一の場合に備えていつでも正常に機能するように

   活性化しておく事が、サプリメントよりも重要な事だと悟ったのです。

  
この時を機に、それまでの他力依存の健康対策を止めて、

   内在する≪免疫力≫アップの為に、下記の自力健康法を続けています。

   東洋医学の健康3大要素の一つである≪血流≫が改善されたのか

   現在の体調は、以前に比べ一番良い状態にあると実感しています

   血流 
が正常な状態だと、特別なものをわざわざ摂取しなくても、

   何でも自動的に分解して栄養にしてくれるのが我々の身体の仕組みです。


 【 血流改善の体内メンテナンス!】◆

   ① 全身リンパマッサージ
   
 両手で下半身を足首から太ももへ、腕は手首から肩へ、
 脇腹を腰から脇の下へ、首を上から肩へ、鎖骨を首から肩へとさすっています。
 一通りやると、全身の血流が活性され暖かくなるのが分かります。

   ② 腹式呼吸法
   
   
   普段は胸式呼吸が主なので、意識して腹式呼吸をするようにしています。
   鼻で、ふん・ふん・ふんと3回息を吐き、その時に腹部が凹むのを確認する。
   私は無意識に行っていた呼吸の重要性を、改めて今回の病体験で痛感しました。


   ③ 呼吸筋ストレッチ

   呼吸は肺の周りの呼吸筋の伸縮により行われているのでそれを強化するものです。
   WHOの調査でも世界的な病気とされている、COPD(肺疾患)の予防に効果的です。

   今、我が国でも注目され始めた患者予備軍を含めて、530万人以上いて、

   その内、治療を受けている患者数は、僅か20数万にしかいないと言われています。

   原因の
90%は喫煙と言われ、20年以上の喫煙者はその予備軍とも言えます。

   私は喫煙しませんが今回、この病と急性肺炎を併発しました。
   肺の組織が線維化して
息切れが激しく、日常生活に影響が出て参りました。

   線維化した組織は再生しないので、現在はこれ以上進行しないように、
   日々の呼吸筋のストレッチを欠かさず実践しています。
   
   一時に比べてかなり楽にはなりましたが、動き方次第では今でも息切れは出ます。

   喫煙者の皆さん十分注意してください!特に女性の場合は男より深刻らしいですよ。

   ④ ふくらはぎ揉み
      
   全身の70%の血液が集中する下半身
血流の改善を図るためのマッサージです。   
   特にふくらはぎは、第2の心臓と言われる重要なポイントです。

   ⑤ 爪モミ&指回し

     
   親指は呼吸器系、人差し指は消化器系、中指は耳の症状、小指は循環器系に作用します。

   因みに薬指は交感神経の活性なので、リラックス目的の場合は揉みません。

   ⑥ エゴスキュー体操
       
   ① 壁面に手を当て前屈直角曲げで1分。
   ② 壁面に背中と後頭部をつけて直角に座り、つま先を手前に反らせて3分。 
   ③ 床に寝て片足のひざを直角に曲げ、ふくらはぎの下に台を置き
   その上に乗せ、両足のつま先を手前に反らせて15分。


 股関節、腰痛に効果的と言われている話題の体操です。
    これで私は右股関節の痛みが消えました。
(トップ頁のワンポイント健康情報に図解) 

   ⑦ ツボ押し&マッサージ
     
    手の平と甲は身体全体の重要なツボが集中しているので、
    私は 外出時には、もっぱらこの手のツボを中心に刺激しています。

    ちょっとした時間を使って、いつでも、どこで、気軽に使えるようにと、
  独自に開発した≪健康オブジェ
≫を使っています。

    ⑧ 軽い歩行運動
    
    これも70%の血液が集中する下半身の血流をアップさせるためのメンテナンスです。

    老化の兆候が最初に現れるのが下半身なので、そのケアとして、
    心拍数が上がらない程度の速さで、姿勢よくゆっくりと歩くのがポイントです。


              ●

    最初の頃はツボ本に忠実でしたが、今は 自分流 にアレンジしています。

    必ずやらなければ!といった、頑張る意識 は持たずに 気楽 に続けています。

    身体にアクシデントがある時に使う 手当て という言葉がありますが、

    ここが痛い、あそこが痛いと症状のある時は思わず無意識に手を当てています。

    しかし健康な時は、あえて身体に手を当てることは殆どしないのが現状でしょう。

    先ず 我が身をいたわりながら、自らの手を当てるメンテナンス!

    病に強い身体を創るためには、自分でできる事と言えばこれしかありません!

    昨今、マッサージ店等でのトラブルがニュースでも取り上げられていますが
    体質は一人ひとり違うので、自分の手で実践するのが一番です。

    基本は他人任せにしないで 自分の手 による 体質改善 を図ることです。
      
              ●

    このセルフケアは、何よりも金銭リスク無く実践できるのが一番です。

    病気なった時の治療対策も大切ですが、
必ず治るとは限りません。

    私はそれよりも、病気にならない予防対策の方が先決だと思っています。

    お金を掛けないと健康になれないのなら、Binbo~人の私はとっくに・・・です(^v^)


青赤・長  
 
 病の原因は------------------------
 
外からのバクテリア免疫力の低下!

   バクテリアとは、元来は微小なもの(原核生物)を意味しますが、
    藍藻(らんそう)類(原核植物)も含まれるため、
    細菌類はバクテリアではあるが、バクテリアは細菌類とは限りません。

    一般的には「バクテリア」と「細菌」は、同意語として使われることが多いようです。
                                                        
                                                 
 ・

   バクテリアは、上空8,000mの大気圏から、水深11,000mの深海、南極の氷の中

    そして我々の体内にも「大腸菌」「乳酸菌」といった細菌が生息しています。

    地球上のいたる所に存在する細菌ですが、
    我々の血液中や筋肉、骨格の中は、ほぼ無菌状態だと言われています。

              

   細菌は、ヨーグルト、納豆、キムチなど、食物を発酵して美味しくしたり、
    枯葉や枯れ木を腐葉土として土に変えたり…と、凄いパワーを持っています。

    我々人間にとって、細菌は不可欠な存在でもあるのです。

    この共存共栄の絶妙なバランスの中で、我々は生きています。

              

     しかし、何らかの原因で、このバランスが崩れたときには、
    疫病などが発生するといった異常な状態に陥ることもあるわけです。

    人間の身体が自然の一部に例えられるように、体内でもこのバランスが、
    正常な状態に保たれていれば、健康体であるという事になります。

              

  その要が我々一人ひとりに備わっている≪免疫力=自然治癒力≫なのです。

    無意識のうちに入り込んでくる細菌類に対してはもちろんのこと、
    意識的に摂取する食物、サプリメント、薬などに対しても重要な働きをしています。

    元々体内に無いものを摂取する場合、二つとない自己の体質をよく把握した上で、
    バランスよく取り入れることが、いかに大切かが分かると思います。


  “免疫力”って?

   体内に入ってきたウイルスや細菌、異物から、
         
身体を守る力のことを≪免疫力=自然治癒力≫といいます。

         
したがって、体力の低下と共にこの免疫力が弱まっている状態の時に、
         
ウイルスや細菌が侵入してくると、対処できずに発病という事になります。

          体内での異常を自覚して、初めて免疫力の低下を知る事になるわけです。
         
症状として表面化するまで、事前に分からないだけに厄介です!

         
そして発病すると、つい  つまり意識を  に近づけてしまう為に、
         
俗に言う 病気 という状態を、自分自身で作り出しているのが現状です。

          万一発病した場合は、速やかに病院で治療を受けることは大切ですが、
          同時に、治る!治そう!という強い  つまり意識を持つことです。

         
そして病が治まった後は、安心するだけでなく、病になった原因を追及して、
          自分なりのメンテナンス で、再発防止の対策を講じることが大切ですね。


          病院は治療を受ける所であって、治してくれる所ではないということです。

    回復のエネルギー源 は自分自身の意識の中にあります。


    病は気から の言葉通り、病と気は別物 であることを認識することですね。


   病・気 

          この見えない 自然治癒力=免疫力 を、正常に保持するための、

   メンテナンス方法が、古くから東洋医学に伝わる ツボ押しマッサージ です。

     2006年に 361のツボ を、WHOが統一認定したということは、

   病にかかってから投薬をして治療する西洋医学の療法ではなく、

   病にかかりにくい身体をつくって健康を維持するという、

   東洋医学における、予防医学の考え方が評価されたということでしょう!
                        
                    

   私も病後のリハビリに、この セルフ・マッサージ を実践して4年になります。

     おかげで体調は回復しましたが、今もそのまま続けています。

   自分自身の身体を自力でケアする方法と言えば、これしかありませんから。

   まさに、継続は力なり!健康は継続なり! を実感しています!

   発病すれば、直ぐに薬を服用したり、治療を受けたりするのに、

   健康な時は、メンテナンスの必要性を実感していないのが現状です。

   事実、私がそうでしたから!

   しかしながら、メンテナンスは治療手段ではなく、予防手段 ですから、

   健康な時から、自分のために 続ける! これがポイントですね。

   そして、お金を掛けないで実践できるのが一番のメリットです!(^v^)

   

青赤・長  


  ◆あなたの生活習慣のパターンは…!?


  
◆ 暴飲暴食偏食型のパターン ----------------------------------
●食・動・整1
  好きなものを思うままに食べる食生活をしている。
  嫌いなものは、ほとんど口にしない。

  運動も特にこれといった事はしていない。


  ◆ こだわり健康型のパターン ------------------------------

●食・動・整2   
  食事は、出来るだけ身体にいいものを!・・・とこだわりながら、
  併せてサプリメントの摂取で、栄養の補給も行っている。

  運動は定期的に、スポーツジムでトレーニングをしている。

  毎月の出費は必要だが、健康情報の収集には気を配っている


  ◆ 健全バランス型のパターン----------------------------------- ◆食・動・整3
  ごく普通の旬の食材を、バランスを考えて取り入れながら、
  腹八分の量を守り、五感で味わいながら食べている。

  運動は健康の基本でもある 歩く ことをメインにしている。

  人間の筋肉の3分の2は下半身に集中していて、
  歩くことによる刺激が、脳幹を経て脳を覚醒するので良い。

  そして次に重要なのが、基盤である 身体の内側 を整えている。

 ----------------------------------------------------------------------

  自然治癒力 の機能を、正常に保つということは、
  ごく普通の食習慣でも、栄養を自動的に細胞化してくれたり、
  病を未然に防ぐ 健全な身体の基 を創ってくれるという事です。

  この素晴らしい機能が人体には元々備わっています。

  したがって、お金を掛けて特別な要素を常用摂取しなければ、
  健康を維持することが出来ない!・・・というものではありません

     ≫ ≪
  この3要素の バランス こそが、健康を守る上で最も重要なポイントです。

   中でも、≪≫ と ≪≫ のバランスを司る基盤になる≪≫は
   体内の自然治癒力が正常に機能するように万一に備えて、
     日頃の メンテナンス で免疫力
を高めておく必要があるわけです。
   
  -----------------------------------------------------------------------------

   以前の私は、それなりの ≪こだわり健康型のパターン≫ でしたが、
   病の体験後は、≪健全バランス型のパターン≫ に切り替えました!

   その予防医学のメンテナンス方法として、
   東洋医学に伝わる ≪ツボ押し≫ で基本的な管理をしています。

   カンタンに出来て、毎月の出費リスクも無く、
   何よりも自分でいつでも ≪自由に実践≫ できる点がメリットですね。

  運動は、外では、ノルディック・トレッキング を!
   室内では、スロージョギングエゴスキュー体操 などのストレッチを、
   空いた時間を利用して気楽にやっています。

   しかし毎日欠かさずに!…と気負ってしまうと、
   無意識のうちにストレスを溜めてしまうことになるので、

   健康目的のため運動は、天候などに左右されることなく、
   どこでも カンタン気楽~ に出来る方法を実践するのがポイントです。

   たま~に忘れてしまっても、全く気にすることはありません!

   リラックスしてやるのが一番なのです!
青赤・長  
   
   ● 先ずは、予防医学が大切!●
   内側のメンテナンス

   DSCN3862.jpg

  例えば、この山の部分を、人間の体と想定してみてください。

  一見すると自然との境目は、ハッキリと別れて見えますが、

  厳密に言うと、このように体の中まで自然と繋がっているのです。
                                                 
                                               
  連結画像-B

  人間の体には生きるのに不可欠な、自然のエネルギー(気)を、

  取り込む為の経路が全身に張り巡らされています。

  人は自然によって生かされている!と言われるのも頷けます。


  昨今は、花粉症や黄砂の対策として、様々な防衛手段がありますが、

  いくら、目や鼻、口などの防御をしても、皮膚呼吸でも分かるように、

  人は自然とのパイプを完全に遮断して生きることは不可能です。


   例えば-----------------------------------------------------------

  体内には、自然からの微生物が必ず入り込んでいます。

  仮に外から入り込んだ何らかの要因で、異変が生じた場合、

  体内で自動的に反応して、対処してくれている、頼もしい機能が、

  私たち一人ひとりの体には必ず備わっています。

  それがよく言われる ≪自然治癒力≫ なのです。

  この ≪自然治癒力≫ が、自覚症状のない体内での異変を、

  無意識のうちに未然に防いでくれていると思うと、安心感があります。

  この機能が正常であれば、病にはかかりにくいのですが、

   体力の低下と共に、この治癒力が弱まると、発病の原因にもなります。

  健康を保持するための基本は、外からの対策に併せて、

  自己基盤の ≪自然治癒力≫ つまり免疫力を高めておくことが重要です。


  わが身の健康管理は ≪ 他力依存ではなく、自力で!≫が基本です。

  そのための唯一の方法は、人間の長い歴史の中で培われて生まれた、

  WHOでも認められた東洋医学の ≪ツボ押し≫ が最適です。


    今回、大病を患うまでは ≪ツボ押し≫ のことは知ってはいましたが、

  若さゆえ ≪ツボ押し≫ なんて・・・と、全く自分には無縁だと思っていました。

  健康情報に対する関心の度合いは、それなりにありましたが、

  わが身の見えない内側よりも、外からの情報の方に向いていましたね。

    35年間、病と無縁だったのも、結果としてたまたま運が良かっただけでした。


  例えばマイカーの外観ばかりを気にして、見えない箇所のメンテナンスを

  怠っていると、いつ故障して動かなくなるか分からないのと同じですね。

  車は最悪、新品に乗り換え可能ですが、体はそうはいきません。

  普段から、しっかりとメンテナンスをして、いかに永く健康状態を保つかです。

   今回の体験で、病を患ってから、他力に頼る≪治療医学≫より、

  自力で免疫力を高める≪予防医学≫の大切さを身をもって実感しました。
  

   ● もうご免です!--------------------------------------------------

  症状が出てから慌てて、他力依存の治療、入院、薬漬けの日々は!

   私がこの病体験から学んで、改めて思ったのが、下記の3点です。

   ① 体の仕組みは同じでも、体質は違う!のを再認識すること。

   ② わが身の日々のメンテナンスは、自分にしかできない。

   ③ 年齢ではなく、健康な時から、未病のためのメンテナンスを!

    この3点です!

    日々のケアを実践していて、それでも、何かおかしいな~?と感じた時は、

    迷わず早めに病院へ行って、医師のアドバイスを受けることですね。

    しかし病院では、治療はしてくれますが、病を治してくれる訳ではありません!

    医師の話しによると、≪治ろう≫と思う本人の意識の強さによって、

    回復の早さが大きく違ってくると言います。

    まさに、よく言われる、≪病は気から!≫そのものです。


  -----------------------------------------------------------------------------

 
  私の場合、最初は風邪かな~?と思って、市販薬を服用しての、

    自己治療が裏目に出て手遅れになり悪化しました。

    もちろん、普段のメンテナンスはしていませんでした!

    ◆ 
くれぐれもご注意を!

青赤・長  

 ★血管年齢を若返らせる!
   寝たまま、簡単ストレッチ

     朝は目が覚めても、すぐに起き上がるのではなく、
    
体の細胞を目覚めさせてから、ゆっくりと横向きに起きるのが、
     健康のためには良いと言われています。

          ▼
     
     起きる前に、目覚めさせる!
  【 私の仰向け10秒ストレッチ!】
     スタンバイ→ 両手、両足を伸ばした仰向け状態で!
   
     ① 両手首を掴んで左右に回す!両手の指を掴んで軽く引っ張る!(各10回づつ)
     ② つま先を手前に反らす!先に伸ばす!(10秒づつ 5セット)
     ③ 足の親指を合わせ踵を離巣!踵を合わせて親指を離す!(10秒づつ 5セット)
     ④ 両膝を合わせて立て右に倒す、左手で右の肘を左に引っ張り顔も左に! 
     (上半身と下半身を逆方向に捻る)(20秒づつ 3セット)
     ⑤ 胸の上で拳を作って腕をクロスさせて肩甲骨を前に寄せる! 
       腕を広げて肩甲骨を背中で寄せる!その後に外回し、内回し!(各10回づつ)
     ⑥ 膝を立てて、膝から鎖骨までが一直線になるように腰を浮かす! 20秒づつ 3セット)
     ⑦ 仰向けで、軽く息を吸って、ゆっくりと吐きながら、
   両手、両足、頭、肩甲骨を軽く浮かせて、丹田に意識を集中して10秒キープ!(5セット)

  PICT0002.jpg
         

  ◆ポイント ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  呼吸の基本パターンです!
         
  1・2・3 鼻から 息を吸い
 4・5・6・7・8・9・10 と 口から息を吐き切る

    呼吸は、お腹を凹ませながら多く吐く事を意識して行う!
    ★ 自分は健康であるとイメージしながら行うと効果的!

        ※ 健康メンテナンスの第一歩は、
            まず最初に自分の体をよく理解して、決して無理をしないことです。

        ※ ストレッチの回数等は、自分の身体に合ったやり方で自由に設定。

        ※ 第2の心臓と言われる、ふくらはぎの刺激は、
            血管の活性化に、より効果があると言われています。

        ※ 椅子に座った状態でも、爪先と踵を交互に、
      上げ下げするだけでも、ふくらはぎの刺激になります。 



青赤・長
 
       
  
血管は、健康のライフライン 
    
あなたの血管は大丈夫?
       40歳からは、特に内面のケアが重要です!

      
健康・老化1

        元々、人間に備わっている自然治癒力の存在を二の次にして

         昨今は、健康のためには、これがいい!あれがいい!

         外から摂り入れるサプリメント類が多く出回っています。

         しかし、それらによって、自分は健康を保っていると思っていても、

         ある日、突然、予期せぬ発病に見舞われるという可能性もあります。

               

         外から常用的に摂取するもので、健康に欠かせない物といえば、

         それは、サプリメント類ではなく、毎日の食事で摂る 食物 です。

         この食生活のバランスによって生まれる、健全な良質の栄養素が、

         血質と血流 となって、 血管 を通り細胞に行き渡って、

         体の内側から自動的に健康を支えてくれているのです。

               

        この仕組みが、内在している 自然治癒力 を正常に機能させて、

         東洋医学でいう、病になりにくい 未病 状態を保つことになり、

             この 病になりにくい身体 こそ、真の健康体と言えるのです。

         健康は、お金を掛けて手にするものではない!ということですね。


                                

         健康管理には、血管、血質、血流 の存在が、いかに重要であるか…

             図を見れば理解できると思います。

   【 健康管理は、先ず体の内側から 】

        費用を掛けて、サプリメント等を常用的に摂取することよりも、

         先ずは、自身の 血管年齢 を若く保つ為のケアの方が先決です。

                                               

      血質、血流 は、日々のバランスのよい≪食生活≫で・・・

         血管 は、軽い≪運動とツボ押し≫で・・・

         自分にしかできないケア方法の実践!これが、健康管理の第一歩です。

         この東洋医学のツボ押し療法は、≪361のツボ≫の統一基準が、

         2006年にWHOによって認定されています。

                       ・

         サプリメント等を摂取する場合は、あくまでも自己責任で、

          自身の体質に合ったものを選択することです。

          そうする事で、効率のよい健康管理が出来るということにもなります。
                   
          

      ◆因みに 私の病後のリハビリ健康キーワードは---------------------------

            【 腹八分 】【 食事バランス 】
            【 血管ストレッチ 】【 トレッキング 】
です。

 
        特別な食事やサプリメント類の常用はしておりません。

                 サプリメントに使う費用があれば、食材に使いますね。私は…

        ※ 自分の体内基盤をしっかりとケアすることの方が先決!と自覚して、

          ストレスを溜めないようにして、 気軽に実践しています。

       ※ 毎日忘れないように続けなければ!と義務感で生真面目にやるよりも、

        リラックスした気持ちで、のんびりと 続ける ことの方が大切です。

        まさに、継続は力なり!ならぬ、継続は健康力!です。


      
青赤・長  

      
                  201305262318071c5.jpg

 
 我が手で全身を摩るだけ!

自己治癒力の活性化サポート!
 
 
 
   【 創作D オリジナル 】
     健康オブジェ】


【 天然遠赤外エネルギー素材 エルプトロン を内包・含有塗装仕上げ 】
                                     
                                                        ≪ 兵庫県川辺郡猪名川町・道の駅・展示 ≫
           


青赤・長
        

         
◆T・S
                                  
         
やさしく、ゆっくり、じわ~っ・・・がポイント
  
            子供の頃、痛い箇所を優しくさすってくれた母の手の感触!

            巷ではこの 
ハンドパワーを応用したベビーマッサージが注目されています。

             A-TUBO  
スイング   は、その優しい手をイメージして創作した健康オブジェです!

                
セルフ・ケアで  このハンドパワー自身健康保持に活かしてみませんか!

                             ●

                   力を入れずに、さするだけの手当て健康法!
            我が手で全身を優しく、さするだけ 

                 【 ハンドメイドの健康オブジェ 】
     押して、さすって自己治癒力を活性化

-----------------------------------------------------------------------------------------



                      ◆◆◆B使用説明  

                   ツボ押しマッサージ
                   A-TUBOBスイング
         No.  (W160×H60×D80ミリ)
            ★@3,500 円
                                                 
  ★  
   背面ストラップ
-----------------------------------------------------------------------------------------    
      
                  ★T・Sのコピー

                  ツボ押しマッサージ
                  A-TUBOTスイング
            No. (W80×H50×D50ミリ)
            ★@2,000 円

 ◆T  



                    ツボ押しマッサージ
                     A-TUBOSポケット
           No.③  (W80×H50×D17ミリ)
               ★@1,000 円

●S

  
          
                   
青赤・長




★

  ●A-TUBOBスイングの使い方●   
 DSCN4657.jpgDSCN4655.jpgDSCN4654.jpg 
DSCN4658.jpg
クリック


◆◆◆B使用説明     ◆◆◆B背中指圧使用例      ◆◆◆B使用例    ◆◆◆B使用例側面
                    青赤・長
PICT0032.jpg 
 BENPIで悩んでいる人って結構多いと思います。

 繊維質の多い食べ物や薬、サプリメント等…
 外からの対策に頼っている人も多いのではないでしょうか?

 便とは、食べた物の成分を細胞に必要な栄養素に変換した後の残りですから、
 腸の排出機能を活性化しておかないと溜まりがちになり
 ついつい薬に頼るという悪循環になりがちです。

 排便は必ずしも毎日が正しいと言う訳でもありません。

 体質は一人ひとり全く違うので、回数情報などに囚われずに
 自分のペースを先ず把握することです。


----------------------------------------------------------------------

  ある時、TV番組で偶然見て気になったこんな情報がありました。

 自然に便意を促すストレッチ!の内容で、要約すると…

  ① まず、便座に座って、

   右拳でヘソを中心にして、時計方向に円を描く。(10回位)

  ② 次に、肛門を絞め、腹を凹ませながら、ゆっくりと鼻から息を吸う。


   
その後、腹に力を入れて息を吐く感じです。

       (風船を膨らませる要領)

  この【
逆・腹式呼吸】をゆっくりと繰り返す事で
  横隔膜が動いて排便を促す効果があるということです。
  
  排便の兆候を感じたら、上半身が膝に着く位に曲げる。
  そうする事で横隔膜が開いて排便がし易くなる。


  こんな内容の情報でした。

  
----------------------------------------------------------------------

  実は私も職業柄、長年のデスクワークの影響でこの点は悩んでいて
  いろいろと試した経験もあり、薬に依存することも多々ありました。

  上記の方法を実践して現在は全く薬は使っていません。

  もちろん改善したのは、4年になるセルフマッサージとの併用の結果だと思います。

  下記の点は私流の予防法です。

  ① 水分をタップリ取る。
   ( 私は温めの白湯をポットに入れておいて、少量づつ一日かけて飲みます。)
  ② 就寝時に、ヘソの周りを時計方向に回転マッサージ。



----------------------------------------------------------------------


   ◆ 立ったままでふくらはぎをケア 

 無題 
 外出時の信号や電車、バス待ちのときなどに
 簡単に出来るストレッチです。

 
-----------------------------------------------------
  

    両手・両足の爪もみ冷え症を改善 
 
  img002A.jpg
          
    爪もみのツボ

   ( 親指=肺などの呼吸器系/人差し指=胃や腸などの消化器系 )
     ( 中指=耳鳴りなどの耳の症状/小指=心臓や肝臓などの循環器系 )

     ( 就寝前のリラックスが目的の場合は、薬指は揉まない!

    爪もみは、爪の付け根と第一関節の間の指の両サイド の部分
    もう一方の指でつまんで軽く捻りながら揉む(入浴時に揉むと効果的)

      注意点は、決して強い力でやらないことと、爪の根元を上から押さないことです。



-------------------------------------------------------------------------------


  ◆ 股関節痛を治す自力ケア 

           かんたんに出来るエゴスキュー体操
 

エゴスキュー連結 
            1分!           →               3分!          →           15分!(片足づつ)

       ①腰を90度に曲げる。     ②腰を90度に曲げて座る。         ③片足を90度に曲げ台に乗せる。

  両足の間は拳一つ分空けて並行に!       背中の肩甲骨を中央に寄せる。         両腕は斜めに、両足首は垂直に!
                                                                               両手の平は上にして太ももの上に!    伸ばした足の先が外側に傾かないように!
                                                                               両足首は垂直・平行に立て、       
                                                                              つま先を手前に反らす。
 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 洗顔の時はを少し曲げる 

     DSCN4691.jpg
        あなたは洗顔の際、膝をピンと伸ばして洗っていませんか?
     洗うときに背筋を伸ばして、少し膝を曲げるだけで腰への負荷が軽減されます。
     毎日の事だけに、ちょっと気をつけるだけで腰痛の防止にもつながります。
 


青赤・長
        
 【 2018・8・20 】
  (現ストック 数 )

                           
  A-TUBOB   2
  A-TUBOT   2
  A-TUBOS        2


    青赤・長


       ご希望・お問合せ
  
  FAX
 072・769・0848 
     創作デザイン室   

   ----------------------------------------------

   メール
   ☟
  ◆メールフォーム◆


----------------------------------------------------------------------------------------------------

 【 ご記入項目 】

 ▼

お名前  ご住所 ● 電話番号 or FAX番号 ● 商品No. & 個数

    (本体&説明文のみのお届けになります)
     特定のパッケージはございません!
 ・
     【 本体価格+送料 】

  (お支払い → 銀行振り込み ★ 振込み手数料はご負担願います) 


      
     国連のWHO【世界保健機関】も認めた
  【 ツボ・マッサージの健康効果 


      東洋&西洋 1.

自然治癒力 自己治癒力


  健康を保持する為には、このバランスが重要です!

【自然治癒力】とは、

最初から人間に備わっている力

健康を保持するための “要” と言えます。

一方、【自己治癒力】とは、 


食物や薬、サプリメント等 に代表されるように、

外から意図的に取り入れる健康手段のことです。


 ●

 
分かりやすく一本の樹に例えてイメージしてみました。

 
  
  堂々とした大樹を支えているのは
 地中深くに隠れている根の細い先端の部分です。
健康の樹

 この根が正常でないとどうなるか?想像がつくでしょう。
 
    普段は見えない箇所だけに
   表に何らかの症状が現れて初めて異変に気付く訳です。
 
     人間の体も同じことが言えます!

 先ずは、見えない体の中をケア
 自分で気軽にできる唯一の健康法!それがツボ押しです。

   青赤・長

  ◆◆ ツボ・オブジェ◆◆
    ≪ATUBO 開発秘話≫


   
 私がこのツボ・オブジェを作ったきっかけは
   急性肺炎を患った後のリハビリ中の時です。

    それまで35年間、病気知らずの状態でしたが
   発病、入院、毎日2回の点滴を1ヶ月間!

  副作用で食欲減退、体重の激減…と
    何もかもが初めての経験で、さすがに参りました。

   健康の有難さと、普段のケアの大切さを

   この時ほど身をもって痛感したことはありません。

   先ずは基礎体力を回復しなければ…と
   リハビリに努めていた時
    書店でふと目に留まったのが、下記に記載のツボの本です。

  それまでツボ押しの事は漠然と知ってはいましたが

    実際に実践した事はありませんでした。

      やり始めてから2ヶ月くらい経った頃に
   何となく調子がいいな~という実感が湧いてきたのは確かです。

  ・

  しかし、やりながらいつも感じていたのは
  指にかかる負担が予想以上に大きいことでした。
 
    そこで、もっと楽に押せるものは無いか?と思い
      色々とネットで検索してみました。

    しかし、いつでも、どこでもカンタンに!という
   自分のイメージに合うものが無かったのです。

   仕方が無いので自作することにしました。


     あれこれと何度も試作を繰り返して
   一応、自分なりに満足のいくものが出来たので
    マイ・ツボ押しとして愛用していました。


 
 そんな時、ふと友人が扱っていた遠赤作用のある
    天然健康素材エルプトロンの事を思い出して
      エレプトロンのコピー 
 
 このポケット・ツボ押しと融合してみたら…と考え
   すぐさま改良に取り掛かり完成したのがこの形でした。

    ≪ 遠赤作用 + ツボ押し  W効果 = 健康 
   これが、健康オブジェ=ATUBO のキーワードです。

   体内にエネルギーが湧いてくるのを
   イメージしながらいつも使っています。
   
  
  < リハビリ体験から生まれた開発裏話でした!>
 



青赤・長  
 ツボ療法とは?


  東洋医学のツボ療法の目的とは 
 体内の気の流れを良くし 自然治癒力を活性化して健康の
  基盤を正常に保つ事と言われています。

 が活性化すると、元気、活気が湧いてきます。

このようにとは本来、良い意味であり
 病(体)と(意識)は、別々の存在なのです。

   病を持った気などは有り得ません。

 病気とは、病を患った時、そこについを集中してしまうために
自らがつくりだしている状態のことです。
                             
   病は気から!の言葉どおり病を早く治すには
  意識を出来るだけ 病に近づけないようにすることが 大切です。

  
しかし、いざ病になると、どうしても病気の状態になってしまい
  その状態から中々抜けられ
ないのが現状ではありますが…!

   私も病にかかって、初めてこの事を実感しました。


   
【 ツボ・マッサージは予防 
            

       ツボマッサージは、薬のような治療手段ではなく
       あくまでも自身の免疫力を活性化して、健康基盤を正常に保つために
        自分で手軽にできるメンテナンスの手段なのです。

  サプリメントや 運動、食事療法といった様々な健康法も
         この基盤が正常に機能 していないと効果も半減と言えます。
   

      ツボマッサージは、治療ではなく、予防ですから
      年齢に関係なく、いつからでもセルフケアで実践できるのが利点です。
    
 ▲
ATUBO 情報

 関 連 情 報
 ▼
  大地からの恵み・天然エネルギー素材
 ◆◆ エルプトロンとは?】◆◆
                  (クリック)                  


  効能や特徴に関する詳細は、上記をクリックしてHPをご覧ください!
エレプトロンのコピー  
エルプトロンは、南九州地区に堆積していた
非溶結火砕流堆積物を、独自の方法で
精製加工し
 含有エネルギーを増幅させた
天然100%のオリジナル健康素材です。
青赤・長


健康のための予防療法として
   いま 東洋医学の<ツボの効用>が見直されています。

国連の世界保健機構(WHO)が、2006年に
  361のツボの統一基準を認定!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆【ツボの本】◆◆

  最初は下記の本を参考にツボ押しをしていましたが、
 現在は余り神経質に考えないで頭頂から足先まで、
全身に
軽~く聴診器を当てるイメージで
【スイング】
当 てています。

 ツボ押しは、必ずその通りにしなければ効果がない!
というものではないので、あくまでも参考として捉えるべきでしょう。

 ---------------------------------- 

 
 クロワッサンのコピー
  ▲
 【クリックで拡大

発行 / 株式会社マガジンハウス
 
≪定価 680 円≫
-------------------------------------------------------------
 ▼
 クロワッサン ★ 「体のツボの大地図帖 」・ 新装版





青赤・長
山滴る ≫ 
        PICT0003.jpg         

  20080218144106s.jpg
【 創作デザイン室 】

   空間オブジェ  




A-2.jpgA-3.jpgA-7.jpgA-8.jpgA-16.jpg
A-19.jpg A-20.jpgA-21.jpgA-22.jpgA-23.jpg

A-36.jpgA-25.jpg風4連結A-29.jpgA-30.jpgA-31.jpgA-68.jpg
A-72.jpgA-73.jpgA-6.jpgA-10.jpgA-11.jpgA-12.jpgA-13.jpgA-14.jpgA-15.jpgA-38.jpgA-40.jpgA-42.jpgA-53.jpgA-54.jpgA-55.jpgA-56.jpgA-77.jpgA-85.jpgA-89.jpgA-93.jpgA-94.jpg A-64.jpgA-62.jpg8-A-57.jpgA-58.jpg 万華搭-1真善美1PICT0003のコピーo03.jpgo02.jpg31.jpg32.jpgA-16.jpg A-97.jpg A-96.jpgA-95.jpgA-94.jpg 134-のコピー 一輪 DSC_9244.jpgA-102.jpgA-100.jpgA-101.jpgA-103.jpgA-104.jpg     


青赤・長



空彩画 ART

c0192006_9415033.jpg  c0192006_9274397.jpg  c0192006_192727.jpg  c0192006_23334146.jpg  c0192006_23331697.jpg  


c0192006_22321443のコピー    c0192006_15233589.jpg  c0192006_15165283.jpg  c0192006_12174717.jpg  mizuumi.jpg

c0192006_11451852.jpg   c0192006_10332443.jpg  c0192006_9415033のコピー ●夕焼け写楽  117-のコピー

106-のコピー ●燃える空気 ●写楽?のコピー 117-のコピー 485-のコピー 

A-4-475.jpg A-5-470.jpg A-7-92.jpg kaori.jpg A-17-176.jpg

A-16-178.jpg   nanohana.jpg 25-のコピー -85-A.jpg 45-のコピー

 -132-A.jpg -98-A.jpg A-34-326.jpg  A-26-157.jpg A-19-158.jpg  


74のコピー A-30-58.jpg  61-のコピー 40-のコピー 花と雲  記憶の痕跡  


84-26.jpg  82-25.jpg  79-32.jpg  57-20.jpg  48-24.jpg  


44-20.jpg  43-23.jpg  38-14.jpg 24-15.jpg  20-16.jpg



89-28.jpg  91-38.jpg  94-0.jpg  96-21.jpg  


   

青赤・長

ペット空彩画 A&B


20080205230208.jpg   無題  20080121151854.jpg   20080215151643.jpg


20080501193953.jpg  20080722103747.jpg 20080508163848.jpg  20121103190126066.jpg  20120314135223511.jpg


201004071935185f2.jpg  20120322185001faf.jpg  20120222142228e4c.jpg  20100517151511f64.jpg  20100511130721b1b.jpg  20080410181841.jpg

20080318103803.jpg  20080215153926.jpg  20080206125119.jpg 20080201205826.jpg  


20100407200917384.jpg  20090607141746956.jpg  2012032615302892f.jpg  201204021635396df.jpg  201203311351037da.jpg  201005092320310ad.jpg 


 
tyatya.jpg

青赤・長



   祈り! 20080218144106s.jpg                
創作デザイン室

健康オブジェ ・ 空間オブジェ ・ 企画  / デザイン制作 
TEL &  FAX  / 072-769-0848
666-0201  兵庫県川辺郡猪名川町杉生字宮ノ下4-2

青赤・長
 

BENCRU.jpg
●BENCRU秋


 17-.jpg 15-.jpg 8-.jpg 18-.jpg 9-.jpg
1-.jpg  2-.jpg 7-.jpg 5-.jpg 4-.jpg

 全走行距離=58万6千km走破でリタイヤ!

▼ 先代は42万8千kmでリタイヤ!

【 2台で101万4千km (
地球25周 )を走破!】

 ▼ BJ-40(ランクル)  ★我が青春の盟友に感謝!乾杯♪ (^v^) 

★2007・5・15 = 勇退!

 
青赤・長 


続きを読む

スポンサーサイト